ゼロからカンタン中国語
メインコンテンツ
エントリーエリア
【あるスタッフの独り言】

王士福さん

スタッフのいちたろうです。
先日、「100年目の帰郷」(小学館文庫)という本を読みました。


王貞治さんの父親の足跡をたどった、内容の濃いノンフィクション作品です。
かなり読みごたえがありました。
日本、中国、台湾にまたがって人気の高い王さんの背景がよく見えてきました。


父親が台湾人で母親が日本人という有名人はけっこうたくさんいます。
直木賞作家であり経営者でもある邱永漢さん、女優の余貴美子さん、歌手の一青窈さん、参議院議員の蓮舫さんなど。


野球の王貞治監督も台湾の人に親しまれているし、すっかりそうだと思っていたのですが、父親は中国浙江省の出身で台湾には行ったことのない人でした。
いろんな経緯があって父親以外は台湾籍になったそうです。


「100年目の帰郷」を読みながらしみじみと、アイデンティティ、コミュニケーション、環境、言葉、国籍、故郷、などといったことを考えました。
おすすめの1冊です。


ドットライン

投稿者:staff 投稿日:2008年09月03日 19:27

コメント