ゼロからカンタン中国語
メインコンテンツ
エントリーエリア
【あるスタッフの独り言】

日本に対する親近感

スタッフのいちたろうです。
先月、中国で日本に対する親近感についての調査があったそうです。
上海・北京・広州といった都市部の20代~40代の360人対象。

.
日本に対する親近感は、40代、30代、20代の順番に低いという結果でした。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0924&f=research_0924_001.shtml&pt=large


この結果は意外に感じます。
都市部の若い人は日本文化に親しむ機会も多いのではないかと思っていました。


日本に対して以前より親近感を持ってくれている中国人が増えたということも耳にしますが、中国の若者にとって日本はどのような存在なのだろうかと思います。


何年も前のことですが、中国で英語を教えているオランダ人と話をする機会がありました。
彼女は「日本のことがきらいな中国の人はかなり多い」「教育の影響は大きい。世代が変わっても状況は変わらないだろう」などと言いました。
ぼくは「残念だ」としか言えませんでしたが、楽天的な考えをすてることはありませんでした。


最近は日本に対する感情も、そんなにわるくないのではないでしょうか。
こちらが嫌っていると相手にも伝わるものだし、こっちが親しみを持って接していればそんなにひどい扱いを受ける事はないだろうし、まあ、こちらからわざわざ心を閉ざす必要はないと感じます。
やはり楽天的なのでしょうか。


ドットライン

投稿者:staff 投稿日:2008年10月07日 12:08

コメント